麻弥子の産休日記

産休に入ったら暇で暇で。。

外食しないでがんばります

3月の家計簿を締めたんですが、またまた家族での外食費ゼロでした。
夫や私が仕事や人付き合いの為どうしても月1~2回別々に外食せざるを得ないケースを除き、全く外食してません。

今年に入り、家族で外食したのは1回だけです。
初詣に行った際外でお弁当を食べられなかった時期だったので店に入って食べた、その1回だけ。

つくづく、外食ってしなくてもいいものなんだと痛感しました。

外食産業の方々には申し訳ない限りですが、
付き合いなどで利用している人もいっぱいいると思うので、うちが無理して外食する必要もないですよね。
花粉症の季節も過ぎ、これからは外で思いっきり弁当も食べられるので、
がんばって弁当作ってお出かけしようと思います。

コメントは受け付けていません。

我が家の冷蔵庫に常にある品達

どこの家にでも冷蔵庫に欠かさずある食材や調味料は何か必ずあると思いますが、
我が家の場合は、レモンの蜂蜜漬け、みょうがやゴボウを固めに湯がいた自家製の味噌漬け、
甘味の無い炭酸水、牛乳、水とお茶。
野菜室には、生姜、トマトは切れたことがありません。

レモンの蜂蜜漬けは、疲労回復用にスタートしたのですが、
最近は、肉の種類問わず、焼き肉の上に乗せたり、隠し味として、肉の下に敷いていますが、
これが結構、肉味を良くしてくれて、はまっています。

自家製の味噌漬けは、漬かり具合が自分の好みに合わせられて、
素材の風味を損ねずに頂けるという利点と共に、塩分の摂りすぎをも避けられるからですが、
食のすすまない時や、油っこい物を食べた後はスッキリします。

牛乳は、カフェオーレ用であり、シチュー用であったりしますが、
我が家の場合は、青梗菜であれ、白菜であれ、葉物野菜やジャガイモであれ、
野菜全般の炒め物の際に、鳥ガラスープ粒と一緒に入れたりして作る事で、
見た目も、味も、同じ食材でも、日替わりで楽しむ事にしています。

炭酸水においては、口の中をすっきり用。
生姜やトマトは、好物である事を前提に、
世の中が色んな効用をのべている事にのっかかっている節もありますが、
トマトは、サラダだけではなく、なす、玉ねぎ等と一緒に炒めたり、煮たりと、
何らかの形で食卓の彩にも一役かいながら、毎食のように登場しています。

皆様のお宅の常備食材はなんでしょう?

コメントは受け付けていません。